発毛と育毛の違いは?

Home | 発毛促進方法 | 発毛と育毛の違いは?

育毛とは

抜け毛や薄毛に悩む人が改善を考えたときに悩むことのひとつに、育毛と発毛という言葉に何か違いがあるのかということがあります。雑誌やインターネットでも両方が混同して使われている傾向があります。抜け毛対策がイコール発毛だろうとか、育毛と発毛にはたいした違いはないなどと言われることも少なくありません。実際には違いがあります。育毛剤と発毛剤にははっきりとした違いがあります。育毛とは毛髪の成長を促すことです。今ある毛髪の成長を促進して、脱毛を予防するのが育毛です。そのため、育毛剤というと、普通は頭皮の細胞に働きかけて新陳代謝を活性させる成分が含まれれています。血行を良くする成分や、雑菌の繁殖を抑える成分を配合して、脱毛を予防します。また、育毛シャンプーと呼ばれるものが数多く出回っていますが、発毛シャンプーというのはありません。抜け毛の対策や、今ある髪の毛の状態を良好に保つためのシャンプーが育毛シャンプーです。育毛シャンプーは、頭皮や髪の毛になるべく負担をかけないようにして汚れを落とすものです。シャンプーそのものには髪の毛を生やすための成分は配合されていません。

発毛とは

発毛とは、脱毛した後に新しく毛を生やすことです。育毛剤がすでにある髪の毛の維持を目的としているのに対し、発毛剤は毛母細胞に働きかけて新しい髪の毛を生やすことを目的としています。そのため、発毛剤というと、毛母細胞の活性化とその細胞分裂を促す成分が配合されているものを指します。育毛剤には医薬部外品が多くありますが、発毛剤は基本的に薬事法で正式に医薬品として認可されたものが多く、医師の診断によって処方されるものや、薬剤師がいる薬局で入手できる医薬品があります。たとえばAGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療では、専門クリニックで診療を受けたうえで処方される薬が多くあり、たとえばプロペシアが代表的な薬ですが、これは発毛剤です。プロペシアには髪の毛の生成を阻害する5αリダクターゼを抑制する高い効果があり、服用によって髪の毛が生えると多くの使用者が実感しています。

医薬品と医薬部外品

育毛剤でも発毛剤でも、また養毛剤と呼ばれるものでも、有効成分によって医薬品と医薬部外品に分けれらます。医薬部外品はドラッグストアなどで簡単に購入できるものを指しています。これに対し、医薬品となると、効果が効能が高い代わりに副作用の危険性があるため、ほとんどの場合で医師の処方箋が必要です。