食事によって発毛を促したい

Home | 発毛促進方法 | 食事によって発毛を促したい

抜け毛の予防

抜け毛や薄毛は、早い人で20代後半から発生します。遺伝やストレスなどが要因として挙げられることが多くありますが、食事に気を付けることである程度の予防になります。髪の毛が抜けたり、細くなったりする原因の大きなものとして、ジヒドロテストステロンというものがあります。男性ホルモンのひとつで、精子を生成したり骨格や筋肉の成長を促したりする作用を持つと同時に、薄毛の原因として良く知られています。このホルモンはテストステロンの5αシダクターゼが結合することで生成されます。そのため、5αシダクターゼを抑制する食材は、抜け毛の対策になります。代表的なものが大豆イソフラボンです。豆腐や納豆など大豆から作られた食材に含まれます。また、亜鉛は抜け毛の予防になりますが、大豆イソフラボンと亜鉛を両方含むものが納豆で、抜け毛予防の食材として摂り入れるといいでしょう。

発毛促進する食品

発毛の促進に役立つ食品は数多くあります。日常的に摂取するように心がけましょう。たとえばみかんには、血管を拡張する働きがあります。血管の拡張によって血行が良くなるので、結果的に栄養が頭皮に行きわたるようになります。大豆類は良質なタンパク源で、抜け毛の原因となる5αシダクターゼを抑制する働きがありますが、亜鉛がないとタンパク質が髪の毛にならないので注意しましょう。亜鉛はナッツ類やレバー、うなぎなどに多く含まれます。サプリメントで摂取してもいいでしょう。抜け毛の原因として糖分の摂り過ぎがあります。お菓子やジャンクフードの摂取を控えるようにしましょう。お菓子の代わりにナッツ類を食べるようにするだけで効果があります。

抜け毛対策となる食事方法

育毛を促進するには、カプサイシンを含む唐辛子やフコダインを含むワカメなどの海藻類を摂るようにするといいでしょう。コラーゲンの摂取は頭皮を柔らかくして、髪の毛が生えやすい環境を作ることができます。また、髪の毛の発毛促進には、偏った食事が一番の大敵とされています。偏食を避けて、毎日4種類以上の野菜を食べることや、脂肪の少ないタンパク質を摂るようにすること、また脂肪の多い肉類を避けることなどが重要です。薄毛や禿の人に共通する傾向として胃腸が弱っていることがあります。胃腸が弱いと、有効成分が体内に行きわたりません。肉の食べ過ぎや、野菜不足などにならない食事をする方がいいでしょう。アルコールの飲み過ぎやお茶、コーヒーの飲み過ぎも胃腸に良くありません。